ハロー張りネズミ  2017夏ドラマ 感想 ネタバレ

ハロー張りネズミ 感想 ネタバレなどを各回ごとに書いてぃます

逃げるは恥だが役に立つ 第6話 感想

逃げるは恥だが役に立つ 第6話 感想

TBS 11月15日火曜よる10時放送

f:id:max2111:20161109001839j:plain


出典 http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/

前回は一応の進展があったものの、
今回はかなりハードルが高かったですね。
このドラマはまだまだ続くのでしょうから、
どういうように持っていくのか楽しみですね。
視聴率も、13.6%と右肩上がりです。

続きを読む

逃げるは恥だが役に立つ 第5話 感想

逃げるは恥だが役に立つ 第5話 感想

TBS 11月8日火曜よる10時放送

f:id:max2111:20161107000002j:plain


出典 http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/

このドラマのいいところは、話が単純で、
それでいてハラハラドキドキ感も
味わえるところかもしれませんね。

視聴率も右肩上がりなのは
その辺もあるかもしれません。

 

続きを読む

逃げるは恥だが役に立つ 第4話 感想と視聴率

逃げるは恥だが役に立つ 第4話 感想と視聴率

TBS 11月1日火曜よる10時放送

f:id:max2111:20161028170909j:plain


出典 http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/

なかなか変わったシチュエーションのドラマですが、
楽しみながら見ることができますね。

今回みくりと津崎に風見が入ってきて、
一層ハラハラドキドキしながら見れると思います。

続きを読む

「逃げるは恥だが役に立つ」 第3話 感想と視聴率

「逃げるは恥だが役に立つ」 第3話 感想と視聴率
TBS10月25日火曜10時

f:id:max2111:20161022213702j:plain


出典 http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/

第3話が25日放送され、視聴率が12.5%だった。
第1話は10.2%、同局火曜10時の放送枠史上、
歴代最高視聴率となった第2話は12.1%と
右肩上がりの快進撃が続いている。

このドラマは、脇役の石田ゆり子、
古田新太、大谷亮平の演技が素晴らしく、
盛り立てていて、見ていて楽しいですね。


ストーリイ

自分の布団に残ったみくり(新垣結衣)の匂いに惑わされ、
“プロの独身”のポリシーが保てなくなることを恐れた津崎(星野源)は、
急にみくりに対して心を閉ざしはじめる。

異性であるみくりとの距離をおくため、
2LDKの部屋に引っ越そうとまで言い出し、
態度が急変した津崎の心理がわからず頭を抱えるみくり。

食卓での会話も徐々にぎこちなくなっていき、
家では緊張感が漂いはじめ…。

一方、勘の鋭い津崎の同僚・沼田(古田新太)は、
先日訪れた津崎宅の寝室にシングルベットがひとつしかないことから、
みくりたちの夫婦生活に疑いの目を向けはじめる。

後輩の風見(大谷亮平)も、沼田の推理には納得の様子だ。


ある日、偶然街中で風見と遭遇したみくりは、
ただのイケメンではない風見の意外な面に好感を抱き、
何の悪気も無く津崎の前でも風見の話題をよく出すようになる。

“夫”として、みくりと風見の親しげな様子に
益々複雑な心境の津崎は、「雇用契約書」に、
新たに《恋人または好きな人が出来た場合》の項目を作成しはじめ…。

 そんな中、互いに気持ちの整理がつかないまま、
ひょんなことから風見、沼田、百合(石田ゆり子)
と共にぶどう狩りに出かけることになったみくりと津崎。

開放的な空間で素直な胸の内を話し合い、
気まずかった2人の関係が修復されたと思われたが…。

その矢先、津崎は、風見から衝撃の言葉を耳にする。

逃げるは恥だが役に立つ 第2話 感想と視聴率

逃げるは恥だが役に立つ 第2話 感想と視聴率
TBS火曜10時

f:id:max2111:20161022212756j:plain

 

出典 http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/

18日に放送された、新垣結衣と星野源主演のTBS系ドラマ
「逃げるは恥だが役に立つ」火曜・後10時の
第2回の視聴率が12・1%と、初回の10・2%から
1・9ポイント上昇していた。

 ドラマのエンディングで新垣が踊る、
通称「恋ダンス」が話題になり、
SNSなどには「ガッキー、かわいい」などの書き込みが殺到。

13日にフルバージョンの動画が公開されると、
一般視聴者も続々とダンスを踊る動画をアップ。

ヤフー検索の「逃げるは恥だが ダンスの動画」
には3万9000件を超える動画があがっており、
ドラマとともに“ヒット”を予感させる。


ストーリイ


晴れて、専業主婦として “就職” することになった森山みくり (新垣結衣)。雇用主である夫・津崎平匡 (星野源) との “契約結婚” が周囲にバレないようにするには、細心の注意を払わなくてはならない。ただの雇用関係のため、披露宴や挙式を避けたい2人だが、早速 「結婚式を挙げないことを周囲にどう説明するか」 という問題が浮上。
みくり達は、双方の親族を説得するため、突然の結婚宣言に不信感を抱いているみくりの伯母の土屋百合 (石田ゆり子) をはじめ、みくりの父・森山栃男 (宇梶剛士)、母・桜 (富田靖子) や津崎の父・津崎宗八 (モロ師岡)、母・知佳 (高橋ひとみ) らを集め、両家の顔合わせを行う…。

 

百合や両親の反応を受け、「結婚」 ということの重さを改めて知ったみくり。そんなみくりに対し津崎は、嘘だとしても 「結婚」 することにより両親を安心させることができたと言い、“逃げるは恥だが役に立つ” ということわざの意味をみくりに語る。
初めての共同作業として最初の課題を乗り越え、2人の距離は、ほんの少し近づいたかのように思われた。しかし、雇用主と従業員としての距離を保ち、これ以上互いに踏み入ってはいけないという葛藤も抱きながら一つ屋根の下に眠る2人であった。

そんな中、みくりに送り出され会社に向かった津崎は、後輩の風見涼太 (大谷亮平)、同僚の沼田頼綱 (古田新太)、日野秀司 (藤井隆) らに、「新婚生活」 についての質問攻めに合う。
勘の鋭い沼田から、結婚したのにも関わらず 「恋するオーラ」 が無いと言われ、戸惑いを隠せない津崎。早くも窮地に立たされ、勢いで、津崎家に興味津々の日野を家に招くと約束をしてしまい !?