「釣りバカ日誌 Season2」 2017春ドラマ 感想 ネタバレ

「釣りバカ日誌 Season2新米社員 浜崎伝助」感想 ネタバレなどを各回ごとに書いてぃます

釣りバカ日誌 2 第2話 視聴率とネタバレ

スポンサーリンク

釣りバカ日誌 2 第2話 視聴率とネタバレ

f:id:max2111:20170502000741j:plain

 

出典 http://www.tv-tokyo.co.jp/tsuribaka2/

第1話の視聴率は6.8%、それほどでもなかったですが、
読売新聞の記者座談会ではCRISISと並ぶ高評価でした。

金曜日の8時開始という条件なので、
録画する方も結構いるのではないでしょうか。

面白いことは間違いないですから、好評が続くと思いますね。


2017.4.28放送

浜崎伝助(濱田岳)は、開かずの踏切に架ける歩道橋建設を任されるが、
予算が折り合わず頭を抱えていた。

だが、釣りに行った際に鈴木一之助(西田敏行)から
「振り出し竿のように歩道橋も作れたら…」と言われ…。

翌日、伝助は一之助のひと言から
設計課の尾上(浜野謙太)に振り出し竿工法を提案。

すると尾上は一考した後、
予算内かつ短期間で出来ると言い出す。

そんな中、佐々木課長(吹越満)は、
振り出し竿工法の特許を取れば10億円が手に入ると知り、
個人で特許出願しようと奔走する。

佐々木は、伝助に会社ではなく
個人で特許出願することを伝え、
手続きをする代わりに1割貰う約束を取り付ける。

一方、伝助から特許の話を聞いた一之助と
小林みち子(広瀬アリス)はその金額に呆然。

ところが、伝助と尾上が会社を通さずに
特許出願したと社内で噂が広まり、
査問委員会にかけられることに…。

ゲスト出演者

尾上
設計課
浜野謙太