マツダ新型CX5で高ステータスとヨーロッパの香りを手に入れよう

マツダ新型CX5を格安で取得するため値引き方法、口コミなど紹介します

【マツダ・新型CX5】試乗レポートまとめ

スポンサーリンク

新型CX5 試乗レポートまとめ

 

f:id:max2111:20180907162535j:plain

出典:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

新型CX5は、数多くの

試乗レポートが寄せられています。

ここでは、新型CX5の

試乗に関するデータを

まとめましたのでご紹介します。

試乗レポート 価格COMより

 

f:id:max2111:20180908155928j:plain

出典:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

購入後のレポートが多く、

試乗レポートは少なくなっていたが、

目についたものを

ピックアップしました。

◆ エクステリアの美しさとコストパフォーマンスの高さ

 

f:id:max2111:20180908160028j:plain

ディーゼル  XD L Package

試乗はCX-5だけでなくハリアーやヴェゼル、

CH-Rなど休日の度に家族で出かけて試しました。

試乗した各車は重さもボディーもシャシーも

全て異なる為正直よくわかりません。

エクステリアの美しさとコストパフォーマンスの高さが

この車の決定打でしたが、

ヘッドアップディスプレイには感動しました。

◆デザインにハンドリング・乗り心地・

ラゲッジスペース

 

 ディーゼル  XD L Package

CXー5は

車幅は少し大きいですが

高評価で興味があったのでダメ元で試乗してみました。

住宅状況から車幅1800mmぐらいで

趣味のゴルフのためゴルフバック

横置き3つ載せられる条件で探していました。

普段乗っている車はZVW30プリウスです。

車のサイズ(もう少しコンパクト希望)と

ナビの出来さえ良ければ断然CXー5です。

正直「候補から外れるだろうな」と

思って試乗しましたが、今や最右翼です。

間違っていたのではと思い翌日も試乗し・・

逆にどんどん気に入ってしまいます(笑)

デザインにハンドリング・乗り心地・

ラゲッジスペース、どれをとっても明確に優れているし、

自分のニーズに合っているのがわかりました。

安全性も今や日本トップ、

追従も0kmから可能で車としての

出来の良さと先進性も感じる試乗でした。

◆売れているのが、理解できました

 

XD L Package ロードスター点検時に試乗

今回の最新バージョンは、

スロットルを踏んだ瞬間の、エンジン音、

レスポンスが、予想以上に良くて、

欲しくなりました。

室内では、ディーゼルを意識する事は、

ほとんど無く、

V8エンジンのような大トルク感が、

何とも言えない快感を感じました。

ハンドリング、乗りこごちも良く、

この車が、売れているのが、理解できました。

◆乗り心地

 

XD L Package

【エクステリア】

この価格帯のSUVでは一番カッコいいと思いますし、

質感も高いと思います。

【インテリア】

車内の広さですが、RE3 CR-Vと比べると

広さにゆとりがないです。

前席はフロントウインドが近く

やや圧迫感があります。

また運転席の左側足下が特に狭いです。

フロントノーズの長さの弊害が

居住性に響いています。

内装の質感は高いと思います。

輸入車だと600万クラスになるのでは無いでしょうか。

【走行性能】

トルクベタリングは効いている感が

少ないのが良いです。

効いている感があると

違和感に感じやすい事がすが、

マツダのこのシステムは違和感なく

良くできているシステムだと思います。

【乗り心地】

基本は硬めではありますが、

ハリアーの様なフワフワした感がないのが良いです。

試乗レポート 新車選びCOMより

 

出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/shinshasenmon/cx-5.html

f:id:max2111:20180908160419j:plain

出典:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

◆マツダ CX-5 国産ミドルクラスSUVの本命

 

試乗グレード:XD L Package 4WD、25S L Package 2WD

全世界で販売されるマツダ車の4台に1台はCX-5

洗練を増した乗り味

2.5リッターガソリンエンジンは非常にスムーズに回るようになった。

3000回転以上でのトルクの盛り上がりも好ましく、

今度のCX-5はガソリンでも良いかなと思わせる。

しかしディーゼルに乗り換えると、

やはりその圧倒的なトルクの魅力に

引き込まれてしまった。

アクセルに対する反応

 

クリーンディーゼルにありがちな

低回転でのアクセルに対する反応の悪さは、

マツダ独自の低圧縮比エンジンと

巧みなオートマの組み合わせで、ほぼ気にならない。

乗り心地

 

乗り心地は相変わらず固めであるが、

長距離運転では少し疲れそうな乗り心地ではある。

4WDのリアサスペンションが2WDより、

ややバタツキがあり市街地での軽快感を

損ねていることも付記しておきたい。

クリーンディーゼル

 

クリーンディーゼルは、

この2代目CX-5は欧州の列強たち、

それもプミアムと呼ばれるクルマたちに

優るとも劣らないレベルまで到達している。

安全性能

 

衝突回避ブレーキが車両や障害物に加え、

歩行者の検知もできるようになった。

速度制限・進入禁止・一時停止の交通標識を認識し、

ディスプレイに表示するシステムも採用され、

安全性能は今日の水準の最前列に並んだ。

遮音性能の向上も著しい。

内装クオリティ

 

進化の大きさは内装にあり!

欧州車、というかはっきり言えば

VWの内装クオリティに追いついた

のではないかと個人的には感じるほど

マツダの「SKYACTIV」技術

 

マツダの「SKYACTIV」技術は

エンジンやトランスミッション、

サスペンション、それぞれの改良もさることながら、

それらをまとめ上げる統合技術にこそ真価がある。

要は乗り味のことだ。

他の国産メーカーの場合。エンジン、トランスミッション

、個々の技術は素晴らしいが、

この乗り味が欧州メーカーに比べると

見劣りすることが多い。

このクラスのSUVを検討している人には

本命としておすすめできるクルマであることは間違いない。

マツダCX-5オススメグレード

 

マツダCX-5オススメグレードはこれ!

長距離向きはディーゼルだが

街乗り中心ならガソリン車で十分

頻繁にロングドライブをするという人には、

やはりディーゼル車のXDがピッタリ。

都心部に住んでいて、街乗り中心という人には

安全装備のアイアクティブセンスを標準装備した

20Sプロアクティブで十分満足できる。

都心部に住んでいるが、

夏は海、冬は山に行くというアクティブな人は

電子制御により燃費の悪化を抑えた

ガソリン車25S の4WDをオススメしたい。

【まとめ】

 

f:id:max2111:20180908160640j:plain

出典:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

いかがだったでしょうか?

総じて今回のCX5は評判の高さが伺えます。

特にドイツ車オーナーなどに好評です。

ハリヤーやBMWという、

高級SUVと比較しても

乗り味は互角以上で、

格安で買えるので

人気です。

  中には、レクサスNXより

こちらが、インテリアも含めて

優っているという方もいます。

インテリアでは、運転しやすい

レイアウトが好評です。

全体的にうまくできている

車です。

かといって、ディーラーと

交渉なしに契約の印を

押すのはどうか?

じっくり交渉しましょう。

値引きの方法については、

次で詳しく解説しています。

【マツダ・新型CX5】値引き術

こちらを参考に、ぜひ一歩踏み込んだ値引きに挑戦してみてください。

マツダ新型CX5の新車が値引き金額から更に50 万円安くなる方法

 

「この車、予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を検討しているけど

悩みが尽きない...

と悩んでいる方は

非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで

まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30 万円の下取りが、

買取業者では80 万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

f:id:max2111:20180910230506g:plain